住宅ローンにかかるさまざまな諸費用

住宅ローンを利用してマイホームを購入する人は多いですが、住宅ローンにはさまざまな諸費用がかかります。住宅ローンの借り換えであっても同じことが言えます。例えば3000万円の家を購入するのに500万円の自己資金があったとすると、500万円を頭金にして2500万円を借入、というわけにはいきません。家を購入するにも諸費用がかかりますので、500万円の自己資金であれば、頭金にできるのはせいぜい100~200万円程度です。しかし、住宅ローンにかかる費用は金融機関によっても大きく異なりますので、諸費用を比較して借入先を選ぶのも一つの方法です。それではどのような諸費用がかかるのか、具体的に見ていきましょう。

まずは団体信用生命保険、いわゆる団信の保険料です。民間の金融機関ではほぼ加入が強制となっており、保険料は金利に含まれる形になっています。次に大きいのは保証料、事務手数料です。保証料は保証会社の保証を受けるのに必要なお金で、借入金額によっても保証会社によってもことなります。多くの場合、数十万円以上と高額になります。事務手数料は数万円から数十万円と金融機関によって差があり、トータルのコストを考えることが重要です。