耐震化リフォームをする場合の見極め

最近になって日本列島は大きな地震に見舞われていますが、熊本の地震などでは耐震性のある木造住宅が倒壊したというニュースも報じられているようです。 そんなことを含めても、更に木造住宅の耐震リフォームというのが脚光を浴びているようです。 勿論、住宅というのは戸建の住宅においては木造以外にも、地震に強い軽量鉄骨やコンクリート造りなど色々ありますが、地震などにおいては木造住宅の耐久性、耐震性は、鉄筋コンクリートや鉄骨造りと比べると劣るというのが当然でしょう。

しかし、木造の耐震性というのは例えば、シロアリの問題や地盤そのものの問題も有るようです。 一方、木造の耐震性の一つの欠陥として、其の造り方や方法によってバラバラであり統一性が無いことも欠陥とされています。

例えば、2階建てで構造的に耐震性に強いとされるのは、基本的には1階2階の構造柱が「通し柱」が出来るだけ多く使われているのが最も強いとされ、次に、通し柱でなくとも1階2階の柱の位置が同じ位置にあること、其れ以外の1階と2階の構造柱の位置がバラバラの場合は、地震性に於いては最もに弱い造りとされます。 又、家の開口部分が多くて壁部分が少ない建物は地震にも弱いとされています。

以上のことから、既設の家の耐震性のリフォームというのは、先ず、家の造りがどうなっているか、地震に弱い部分、地震に強い造りになっているかをシッカリと見分けることも大切に思いますね。