アメリカ人住宅ローンに対する考え

最近では日本もマイホームを買ったらそこに一生住むという概念が変わってきています。
マイホームを購入しても良いものがあればそれを売って良い物をゲットするという考えの方が増えてきているのです。
ですが、この考えはアメリカ人にとっては昔からの概念となっていて、今もその考えはほぼかわっていません。

アメリカ人の家に対する考えは、「住宅ローンは払いきらない」ということです。
それではずっと借金生活になるのかというとそういうことではなく、マイホームの価値が購入時よりも上がった時点でマイホームを売るのです。
ですから、その後にその家を購入してくれた人に住宅ローンを払いきってもらい、自分は良い家を見つけて買い続けるという考えなのです。

マイホームを購入しても落ち着かないような状態かもしれませんが、常に夢を持って暮らせるというこの考えも悪くないかもしれません。
国が変われば考え方も変わる、住宅ローンの考え方も日米で違うのです。

日本では特に住宅ローンを払いきるために住宅ローンの借り換えをしますが、審査が通るかや心配事があって中々住宅ローンを借り換えしない人が多いようです。
そんな時は、近くの銀行へ住宅ローンの借り換えが出来るか相談してみると解決するかもしれません。
マイナス金利の今、是非借り換えをするべきです。