「リフォームは最低限でいい」理由とは?

主観も入りますけれど、「リフォームは最低限でいい」と思っています。ただしマイホームを新築で建てて、それで築20年とか築30年をむかえて、定年退職前のリフォームという場合においてのことですよ。
若いご夫婦が中古住宅を購入して、そしてリフォームして住む場合とは違いますからね。これから家庭を築いていくとかいう若いご夫婦ならば、しっかりとリフォームをするのがいいでしょう。だって、そのリフォームした家がマイホームとなるわけですから。
しかし、今後何年住むかともわからない夫婦が住む家ならば、やっぱり「リフォームは最低限でいい」と思うのですよね。まあ、わが家に関して言えることなのですが。
けれども年齢が上がり退職間際の頃になりますと、給料が良くなるものですからリフォーム費用だって十分用意できてしまうわけです。そうなりますと、不必要な機能付きの住宅設備だって入れたくもなりますけれど、ここはグッと「節約」する方向がいいでしょう。
だって、リフォームで分不相応な設備を入れて、それで老後の資金がなくなっては困る事態になるやもしれませんからね。それに軽くリフォームをするだけでも、最低限の住宅設備であっても、キレイさは見違えるようになりますので、それで十分だと感じることと思います。

Read More投稿者: あっとリフォーム「リフォームは最低限でいい」理由とは? はコメントを受け付けていません。